ニュース

教育部研究生の作品が放送されます!

ニュース /

「メディアスタジオ実習Ⅰ(メディア・ジャーナリズム論実験実習)」(講師:水島宏明先生)で教育部研究生たちが制作したドキュメンタリーが、第36回「地方の時代」映像祭2016(主催:吹田市、関西大学、日本放送協会、日本民間放送連盟、日本ケーブルテレビ連盟)で高い評価を受け、全国のケーブルテレビで放送されることになりました。

今回、放送されるのは「片腕の伝道者」(制作:高島瑞希/神野拓哉/佐々木瞳/須賀健斗/竹内拓海)という作品。社会人として働きながらNPO法人で同じ障害を持つ人々の支援に取り組む男性を描いています。彼は、技術者・開発者と組んで筋電義手の開発に取り組み、「伝道者」と呼ばれています。

学生が自分たちの目線で問題を捉え、一生懸命に取り組んだ作品です。機会があれば是非ともご覧ください。

放送日時:
2017年2月13日(月) 17:00-(J:COMチャンネル/関西圏約360万世帯に放送、地デジ11ch)
2017年3月15日(水) 18:00-(J:COMテレビ/全国約1350万世帯に放送、東日本=地デジ10ch、西日本=地デジ12ch)

(丁智恵)