ニュース
News

地方の時代映像祭 優秀賞受賞!

ニュース /

メディアスタジオ実習Ⅰ/メディア・ジャーナリズム論実験実習Ⅶ」(学府・教育部授業)の授業で制作された、「排除ベンチ~居心地の悪さをたどって~」という作品が、地方の時代映像祭の優秀賞を受賞しました。

この作品は、公共空間から路上生活者などを排除することを目的とした「排除ベンチ」の実態を追ったものです。ベンチは路上生活者が寝転ぶことができないようになっており、結果として路上生活者はその空間から締め出されることになります。こうした、駅や公園などの公共空間から「そこにふさわしくないひと」を排除しようとする動きは、すでに何十年にわたり起こっています。しかしこの作品では、2020年のオリンピック開催を控えて、その動きはますます加速していると指摘します。オリンピックというメガイベントが都市をいかに変容させているのか。このドキュメンタリーは変容のただなかにありながら、それを映し出しているもののように思いました。

(鈴木麻記)